借地権とは

日本ではむかし、借地借家住まいが多かった時代がありましたが、今でも、住まいの形はさまざまあるでしょう。
不動産の賃貸や売買に関してはさまざまな制度や法律があります。
住宅に関する法律や専門的な知識を身につけることは簡単ではありませんが、いざという時に困らないためにも、ある程度の知識を学んでおくことも必要ではないでしょうか。

ここでは「借地権」について、どういった制度なのか、どのような種類があるのか、そして相続に関することを説明いたします。
「借地権」とは、建物の所有を目的として地主から土地を借りて使用する地上権又は土地の賃借権をいいます。

地上権は、建物や工作物を所有する目的で使用するもので、地主と契約し地代を支払う義務がありますが地主の承諾がなくても譲渡・転貸ができます。
しかし、この権利は地主にとって不利益が大きいため、現在では地上権はほとんどなく、一般的に「借地権」というと土地賃借権のことをいいます。
「借地権」を分かりやすく説明をすると、地主の土地を借りて自己所有の建物を建てるために、その土地を借りる権利をいいます。
建物は自分のものとなりますが、土地はあくまでも地主の土地であり、借りているという形になります。

「借地権」は建物の所有を目的としているため、青空駐車場や空き地などの建物がないものは認められません。
土地を所有している地主と契約を結び、毎月地代を支払っていくということになります。
また、建て替えや譲渡を行う場合は地主の承諾が必要となります。



▽特選サイト
借地権の旧法と新法による違いや種類について紹介しています → 借地権 旧法